忍者ブログ

[PR]

2018年05月26日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

◇いいふうふの日らしいよ

2007年11月22日
そんな某oさんの主張にあわてて更新してみる(笑)

別に夫婦風味になってないけどまあいいか



押し倒されてるユウ@こうこうせい
と 解説しないとわけわかんない絵だったあはははは(わらごま

下のと合わせると夫婦風味(どこが



ところで
子娘とおっさんモエって
ノエインのハルカとカラスもそうと言えばそうだなあ
なんて思ったりしました
おっさんというにはカラスは青すぎるけど(私信のようなひとりごと




しかし今日のドラゴノーツもすごかった<急に
自称親友の黒化ぶりといったらギャグかという
男三人で三角関係みたいなセリフ連発
かと思うと横に巨乳があったり
僕のものだーと主張している相手にボコられたり
親友カズキ だてに髪の毛を切ったらむしろ伸びてるわけじゃないよね(日本語変
生まれたて竜っこギオはどんどん華奢に受化しているようにみえるのは
気のせいなのだろうか
どうでもいいけどライナ顔近過ぎ
それはちゅうの間合い
まばたきの間にしててもおかしくないよね
っていうかしてた?
つっこみどころ満載でステキ
ドラゴノーツは鋼鉄三国志より人にすすめても安心だしな(そうかな
PR

◇のえのえー

2007年11月09日
スピグラのペーパー漫画みてたら
ペインタ鉛筆線でもWebで出す分には漫画イケるんじゃないの?と思って
本来後藤藤原本で描こうと思ってたのができないかなーと
思い始めた
思っただけだが

とりあえずれんしゅう



あまりに久しぶりすぎて設定画をみながらじゃないと描けなかった…
絵描いてからなんとなくそれらしくみえるセリフ入れたんだけど
なんだか久しぶりに表にひっぱりだされて
冬眠から醒めたみたいな絵にみえてきた(笑)


そして問題の漫画のネタ
夏に倒れた拍子に半分以上頭から抜け落ちてしまった模様
ナニ描くつもりだったっけ…
高校生イサユウはやるつもりだったのだけは覚えているのだが
くそう、あの時の血膿み鼻水は妄想成分だったのか?

とりあえず後藤と藤原を練習し直さなきゃー



でもドラゴノーツもちょっと惹かれるものが
なんかどうしようもないのにとても愉しみになってきた
肩に手を添えられただけでうるうるするハウリングスターがかわいすぎる
このわんこ受けめ!<竜だけど
ドラゴンコクピットの手にくっついてる糸がドラゴンの神経のなにかだったりしそう
あの糸をこねくりまわしたらきっと悶えると予想
…いま妄想が一気におしよせてきてどうしていいかわからなくなった

ノエしようと思ってたのになんでドラゴンゾのこと考えてるのよー
いやモエがない生活よりモエられる生活のほうが充実してていいけどさー

◇季節外れ

2007年01月25日
猫バトンなままなのはあんまりにもあんまりなので
去年の夏コミあたりにつくったペーパーの絵をアプってみたりして

季節はずれもいいところ



えーと
プールが苦手なイサミがおぼれたところをユウが助けてあげて
ミホが「ここは人工呼吸よ!」とかなんとかあおって
ユウは「ええ〜〜?!」って思いながら実行しようとするも
どうだったっけ?って困ってるところ 

とかなんとか妄想を書き綴ったような気がします
この寒空に真夏のネタで失礼


ノエのリンクさんが閉鎖されたり移転されたりしているのに
そのままだったりして
ブラウザのは変えたんだけどHTMLとかタグって美味しいの?
みたいな気持になってて放置気味にて失礼しております



他のアニメで注目してるのは
なんといっても「武装煉金」 来週のパピさま水着Yバックですごすぎる
「あやかしあやし」がへんてこな状況になってて目が離せない
「京四郎と永遠の空」白馬が出るたび大爆笑

でもそれくらいしか楽しみがありません
今期のご新規さんはあんまり私の趣味とは合わなかった模様
あんまりにも半径5M感覚のものが多すぎます
ちゃんと世間と関わって生きてる感じがないと個人の都合のいい妄想にしかみえません
世間はままならないから面白くて劇的なんだぜベイビィ(誰

チャットネタ ◇

2006年12月17日
実は先週は仕事が空いたのをいいことにあちらこちらでチャット三昧。
いやー楽しかった。萌えチャージしたした。相手してくださったみなさんありがとうございます!

いろんな話やネタを語り合いました。そしていつも無責任にテキトーなネタをふってしまうのがアタクシの常。
そのうちで自分でふった一番アホっぽいネタを絵にしてみましたよ。
バカで下品なネタなので苦手な人注意(そんな人はとっくにこのサイト見てるわけないw。
フクロウさん御指名の図 "チャットネタ ◇"
 | HOME |