忍者ブログ

[PR]

2017年09月21日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

エヴァ観て来ました

2007年09月07日
そう甘く無い評価をするお友達たちがこぞって高評価していたのでエヴァ新映画版観にいってきました。



使途が攻撃するときの音が好きだ。
愛嬌があるがゆえに更に凶悪に感じるのがいい。
サキエルかわいいよサキエル



あれが鳴き声だったらさらにモエ。
四角いラミエルたんの攻撃形態のバリエーション増加もナイス。
やられた時の悲鳴っぽいのもゲテっぽくてモエモエ<ホラー好きゆえ




ざっくりと思ったこと箇条書き (ネタバレなし<多分

・テレビ版の時よりギスギス感がなくて話し作りがまろやか
・シンジ君がちゃんとかわいそう
・建物やメカ?の見せ方がダイナミックで燃える
・使途のかわいさやキモさパワーアップ
・そうした部分の全ての描写がとてもこまやか

ストーリーはテレビ版と変らないのに、尺の短い映画の方が丁寧にじっくり描写しているように感じるのが面白い。




映画館のスクリーンサイズで映えることを、とても意識しているなあと思った。
この映画、できる限り映画館のでかい画面で見た方がいい。
ヤシマ作戦は燃えるしな!



なんかアンノ監督の成長記録をみるようだった(笑)。
日陰で育ってたギスギスな植物が、いい肥料と充分な日光を浴びて健康な幹になって、美味しい実をつけた、みたいな感じ。

ストーリーが同じなら、この先大変に精神が不健康状態の描写がたくさんでるだろうけど、これなら気にならない。
不健康なモノを描く時、不健康なままでやるのと健康を知ってて不健康と向き合うのと、まるで視点が違うというのを見られそうな気がする。

3部目まで美味しくいただけますように。









わー誰か見てる人いるのか
と思いながらブログ更新してたんで反応いただけると
大層嬉しいです
ありがとう物好きなあなた!<感謝してるのに物好き呼ばわりかい


>ゲさんのフクカラ漫画が見られる!
うははははは マンガ描くにはマシンの買い替えが前提なんですよ
そして2ヶ月も仕事休んでるんでその余裕は無(泣きながら略

>あの『ミヨリの森』
やっぱり思いますよねー
>1980年前後制作だったら
って確かに!
それくらいだったら結構なクオリティだったと思います
でももう21世紀なんだぜ?というアナクロニズム
別にアニメの地位あげてくれとは思わないけど
資金が作り手にまわるシステムをつくらないと
ミヨリプレイバックあーんどループ
もしくはループすら止まって先細りとかしそうで
アニヲタとしては本当に不安です

それと以前にいただいてたメールのお返事してなかったので
あらためてメールしますー
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: