忍者ブログ

[PR]

2017年09月21日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アニメ新番感想 ラ−ッシュ!

2007年04月23日
しまったまた放置してしまった

でもちょっと心に余裕ができたので溜めてた新番のきなみ見ましたよ

例によって流し見でラッシュ状態なので
毛色がかなり変って無いとセンサーにひっかかりません
そこんとこ承知の上でご拝読ヨロシク


すごい量になってたので二回にわけました
続きは明日ー


____
________________


大江戸ロケット1〜3話
今期一番好きです!最初、感じはいいけどノリだけだの作品なのかと思ってたけど、さにあらず案外本筋はちゃんと考えていそうな3話目。妙に色気のある銀さんの過去と素性とこれからを示唆する回だったけど、ややこしいことをスッキリと説明できてて脚本がうまい。それとは別にやたら人にすり寄る同心赤西の三角木馬にふいた(笑)。このアニメ見てるとなんだか微笑ましい気持になるよー。

ぼくらの1〜2話
大江戸とは真逆。魂が健全な人は鬼頭氏(原作者)の作品に関わってはいけない。世間や健全さにたいする悪意にあふれた描写が満載だからだ。絶対に厭な気持になる。しかもそういう描写の持って行き方がものすごくウマイがゆえに厭度が増す。しかしそれゆえに見てしまう魔力がある。ネットの煽りや荒しを見るのもいやだというタイプの人には向かない。私は悪意はありきだと思っているのでむぎゅむぎゅしながら見るけど。それにしても鬼頭氏の雰囲気をうまいことアニメにしてると感心する。それゆえに覚悟して見ないとへこみそうだ(笑)。

ラブ☆コン3・4話?
少女マンガ原作。高校生のノッポ女子とちっちゃい男子の恋愛未満友情以上の日常描写もの。ただし舞台が大阪で、全編全キャラ大阪弁てところが今までアニメでは無かったので新鮮。テンポが良いしキャラの性格もイキオイがあってきもちいい。恋愛な気持にいきそうでいかないモヤモヤぶりも楽しい範囲。大阪弁が大阪在住者にとって賛否あると思うけど、標準語のはずの多数のアニメだって普通の発音してるわけじゃないから範囲内だと思う。

アイドルマスタ− ゼノグラシア1〜3話
裏のギガンテックとどちらを見るか迷って、1話のメカ登場シーンの印象が良かったのでこっちを。良く考えたらメカが乗り手を選ぶというのもギガンとかぶってるかも。司令官ポストの人がセオリーをやぶってメガネ老人執事風。しゃべりも淡々としててある種の人は大好きじゃないかしら。しかし基本は女の子萌えアニメっぽいのでどうでもよくなってきました。

機神大戦ギガンテックフォーミュラ1話のみ
エヴァ的という評価をきいたけど、私の最初の印象はライディーン(古)。ぼんやりしてるけどゲームうまい男の子がメカ(とその少女)に選ばれてメカに乗るのであります。物語の構造は70年代風味。そこを面白がれるかもしれない…ような気がする(だけかもしれない。

シャイニングティアーズXウィンド1〜3話
ゲームが元ネタ。しかしゲームのアニメ化は踏込みが甘くなるという印象がある。たぶん分岐のあるゲームだと分岐ごとのエピソードを全部使うわけに行かず、本当のラストを見せるわけにもいかないからだろう。それにしても脚本演出ともゆるすぎる。戦場なのに気が付くとメインキャラ以外誰も居らずのんびり話しはじめてたりとか。主人公の子が直情でアホすぎるしなあ。あらゆる意味で浅い。キャラはかわいいんだけどね。

神曲奏界ポリフォニカ1〜3話
萌え系風だがそれだけでもないので見てしまっている。ダンティストとか単語にちょっと萌えがあるんだけど、 内容は全然覚えていない。

ブルードラゴン1・2話
鳥山明絵のゲーム原作。正しいRPGな始まり方。決め手がないのと、裏が彩雲国物語2なので視聴中止。だって彩雲国の方が好きなんだもん。

オーバードライヴ2話のみ
高校生自転車競技もの。ということしか覚えて無い。なんとなくスッキリした雰囲気ではありました。

sola-ソラ-1話
写真とってる高校生もの。こういう日常ものは大量視聴の前では印象に残らないのだった。

クレイモア
八木教広の「エンジェル伝説」は私の癒しの書だったので期待してたんだけど、こういうファンタジーネタは苦手なので最後まで見れなかった。見ればそれなりにおもしろいんじゃないかと思うけど、そこまでしてファンタジーを克服したいとは思わない。

グラビテーション
バンドもの。音楽監修朝倉大介。私はそこに感慨はないけど好きな人多そうなので。作詞やってる子犬系男の子と辛辣な作家青年のお話らしい。作った歌詞をへたくそといきなり作家青年に言われたのが悔しくて青年を追っかける子犬系。子犬系のバンド仲間とかわざとらしくいちゃつきネタがあったり、ラストシーンはなんでか作家と子犬のキスらしきところで終ってた。ヲタ向け少女誌な展開でした。 もしかして再放送なのかな、感性が古い気がするので。


改めて書いておきますが、大量視聴しているのでよほどじゃないとひっかからないのです。
評価がきびしくてもそれは私がちゃんと見て無いせいで本質が見えて無いってことがあるので確認は御自分でどうぞv
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: